kurien_1000_7.JPG
2013/05〜そらくん2号と46君は
Kurienさん(Kuriyama Engineering)にお世話になってまし♪
(HPはありません)

2009年02月28日

そらくんとの最期の日

今回の横転→大破がなくても、

さるがそらくんとサーキットを走れるのは、

2/26(木)が最期の予定でした。

理由は、2/24(火)に、グレートベアさんから

とある事を教えて貰っていたからでした。

木曜日のアミューズさんの走行会の前に、

グレートベアさんにお願いして、

そらくんを整備して貰っていました。

2/24(火)の夜になって、グレートベアさんから、

そらくん、ちょっと大変な事に

と言われ、事情を聞いたら、

そらくんのボディに15cmくらいの長さの

クラックが入っているって事を教えて貰いました。

そのクラックを見た時、さるは2時間泣きました。



今まで何度かそらくんをぶつけてしまっていたから、

そらくんは頑張ってくれてたけど、

ついに体にびひが入るほど、痛んでしまっていたんだ、

こんなに痛い思いをしてまで、

そらくんは頑張って走ってくれてたんだ

アミューズさんの走行会を前に、

このキズを気付かせてくれたって事は、

そらくんは、

 もう僕、休みたいの、

 頑張ったけど、もうこれ以上は頑張れないの

って言いたいのかな・・・

と思って、泣いたんでちた。



泣き始めた時、グレートベアさんが、



 ・溶接して、カーボン張ってってすれば補強出来ますよ?

 ・治して乗り続けたかったら、
 
  いくらでも治しますよ?



って言ってくれたけど、

さるには、そのクラック入ったボディが

 「伝染し始めたストッキング」

に見えて、



 きっとこれから、

 一挙にクラックは大きくなっていくはずだったんだ

 一箇所にクラックが入っているなら、

 きっと今後乗り続ければ、

 他の場所にもクラックは入っていくんだ



って思ってしまったので、

ここまで傷ついた老体のそらくんに鞭打ってまで、

乗り続けるって選択をする事は、

そらくんが可哀想で、さるには出来ませんでした。




2時間泣いた後、グレートベアさんと今後の事を相談した結果、


 ・違う車体を買ってくる


 ・その違う車体にそらくんのパーツを移植して、

  そらくん@2号を作る


 ・そらくんを人手に渡すって事は考えられないと言ったら、

  「じゃあ、そらくんは俺が買いますよ」

  とグレートベアさんが言ってくれたので、

  そらくんを下取りして貰うようにする



って方向で考えるって事になりました。

+++

なので、アミューズさんの走行会が、

今回そらくんと一緒に走る最期の走行会になると、

心のどっかで思っていました。

それが、横転→大破という最期になるとは予想もしていませんでしたが、

壊れたそらくんを見た時に、さるは

「そらくんは、延命してまで生きていたくはなかったのかな?

 サーキットを走れなくなるのなら、

 いっそ散ってしまいたいと

 思っていたのかな?」

と思ったのでした。



勿論そらくんを壊したのは、自分のミスで、

自分が悪いです。

だから、そらくんのせいにする気は全くないんです。

ただ、そらくんの意思として、

そういう風に思っていたのかな?と

思う心当たりが色々あるので、

さる自身は、そう思っていますという事を書いてます。



こういう風に思うのは、さるだけなのかと思っていましたが、

昨日の様子を見ていてくれた方と話た時に、事情を説明したら、

「車に自殺されちゃった感じか?」

と言われたので、

あぁ、そういう風に受け止めてくれる人もいるんだなと思ったら、

少し嬉しかったです。



+++

なので、火曜日の段階で、

さるの中では、

そらくんと一緒にサーキットを走る事を

諦めなきゃいけないって覚悟は、

少しだけど、出来ていました。

なので、あと時間をかけて消化しなきゃいけないのは、

そらくんと、さよならする事です。



最期にそらくんを痛い目に遭わせてしまいましたが、

そらくんはきっと、

 「短い間だったけど、楽しかったよ。

  一緒に遊べて嬉しかったよ。」

と、言ってくれていると、さるは信じています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。